dog training kumpel 久野 友嗣

活動地域 : 東京、立川、国立市、府中、八王子、多摩、町田、神奈川

◆dog training kumpel
出張訓練、預託訓練、しつけ〜競技会、警察犬まで
◆資格
JKC ジャパンケネルクラブ 公認訓練士
PD 日本警察犬協会公認訓練士
IGPトレーナー
◆経歴
2015年 犬の訓練士になるため某訓練士養成学校で二年間学生として行動学、獣医学、ドイツ語、英語、実施訓練を学ぶ。
2017年 卒業し歴史ある犬の訓練所にて、三年間犬と共に仕事に従事する。修行中、嘱託警察犬指導士として大きく貢献したとして表彰される。
2018年 犬の競技会で、FCI-IPO(現在IGP)日本代表予選選考会にて第二席獲得。歴代最年少日本代表としてイタリアで行われたFCI-IPO-World championshipsに出場その他数多くの受賞、競技出場歴を持つ。
2020年 dog training kumpelをオープン、現在に至る。

自己紹介

まずは「犬を知る」こと

飼い主さんが「犬を知る」と一緒に暮らす毎日はさらに豊かになると僕は考えています。飼い主さんに犬との関わり方、教え方、過ごし方など、犬への理解や知識をより深めていただきたいと思っています。飼い主さんが犬とのコミュニケーションで何かあったときに自己解決できるようになることが僕のゴールです!そんな飼い主さんと犬の関係はより強い絆になると思っています。

「dog training kumpel」十犬十色

kumpel(コンペル)とは、ドイツ語で「パートナー」「相棒」の意味です。dog training kumpeでは、飼い主さんとコミュニケーションをとることが楽しい!そんな気持ちを大きくする訓練をしています。そのために大切にしていることは”whyを意識すること”です。犬の行動に対して「なぜこの子はこの行動をしたのか」まずはここを理解して、トレーニングのアプローチ方法を考えていきます。トレーニングの成果をしっかり出すために、トレーニング方法は犬それぞれ。まさに十犬十色なのです。

この道に進もうと思ったきっかけ

元々、実家で小さい頃から動物と一緒に暮らす毎日が当たり前だった僕は、物心ついたときから「将来、動物の仕事に就くんだ」となんとなく思い始めていました。それから大学生活が始まって間もなく、ふと目にしたアメリカの警察犬が赤いベストを着用し、警察官と共に赤いJeepに乗っている写真に「イカしてる!かっこいい!!!」と、僕は衝撃を受けました。その写真は僕が小さい頃に抱いていた、動物へのアツい感情を思い出させてくれました。その後、大学生だった僕はすぐさま某訓練士養成学校に編入しました。入学して3年経った頃、犬と訓練の成果を国際的に競うFCI国際作業犬試験(IGP)に参加し、日本代表予選選考会にて第二席獲得。歴代最年少日本代表としてイタリアで行われたFCI-IPO-World championshipsに出場を果たしました。一度決めるととことん突き進む傾向があるため、今後も日本だけでなく、国外への広い視野を持って日々挑戦し続けていきたいと思っています。

dog training kumpel 久野 友嗣さんのレビュー

    dog training kumpel 久野 友嗣さんのレビューはまだありません。